1月 30

痩身エステでダイエット痩身エステサロンに通ってダイエットを成功させるためには、サロン選びと同じくらい心構えも大切になるのは当然ですね。これには幾つかポイントがありますので、順番に見ていきましょう。

まずは、余計な情報を調べないようにすること。ダイエットするなら色々と調べたほうがいいんじゃない?と思ってしまいがちですが、情報を知りすぎると今おこなっているダイエットに疑問が生じやすいんですね。

これはせっかく通い始めた痩身エステを途中でやめてしまう大きな原因になりますから、一度通い始めたらサロンの指導をしっかり守って、解らない部分はサロンで聞くのが一番いい結果をもたらします。

次に大切なことは、続けることですね。世の中にダイエット方法はとても沢山ありますが、これらは全て続けさえすればある程度の効果があると良く言われています。

逆に、ダイエットエステに通って専門家の施術を受けていても、途中でやめてしまっては当然効果はありません。ですから、途中でやめないと心に決めるとともに、通い続けられるように予算を考えておくことも大切です。

最後は、自分へのご褒美を考えておくことがポイントになります。これは続けることにも繋がりますが、エステの力を借りるとはいえダイエットを成功させるにはもちろん努力が必要ですよね。

ダイエットが成功したときのサイズに合わせて可愛い洋服を用意しておく、次の夏に堂々と水着を着て海を歩く、など自分に合わせて色々と工夫してみるといいでしょう。

これらをしっかり守って痩身エステに通い、是非スリムな体を手に入れてください。今現在、人気になっているダイエットエステはコチラを参考に。


12月 20

ダイエットに興味のある人にとって、意外とやっかいなのは背中の贅肉ですね。自分で見えない部分だけに、贅肉の落とし方がイメージしにくい部分ですし、そもそも背中だけを狙って痩せることは可能かどうかも良くわかりませんよね。

実は、元々背中は贅肉がつきにくい部分なんです。足やお腹などに比べると、あまり目立って贅肉がついているというイメージもありませんよね。

ですが、結婚式やパーティでのドレス姿を考えると、背中を軽視することはできません。背中の開いたデザインを着こなすには、すっきりしたラインは必須といえるでしょう。

では背中をすっきりさせるためにはどうすればいいかということですが、これはエステに通うのが一番効果的といえます。

背中に集中して運動すれば自分でも出来るような気はしますよね。ですが背中だけを鍛えるということは、自己流ではなかなか上手くいきません。

足やお腹なら、ウォーキングなどでも効果がありますが、背中の場合はそうもいきません。

また、背中という部分は贅肉がつくのがゆっくりですから、気がついた時にはセルライトになっている可能性が高いんです。

ですので、エステの施術によってセルライトを除去するのが一番効果的ということになります。

もし、自分の立ち姿などが美しくなく姿勢が良くないと言う自覚があるのでしたら、まずはそこから矯正していくのもいい方法といえますね。

ですが、やっぱり最終的にはセルライトの除去が必要になると思われますから、プロに相談してみるのが一番です。


9月 14

8cm痩せる痩身サロン

エルセーヌでは、「-8cm痩せる体験プログラム」という企画を行っています。
体験プログラムと言っても、90分の時間をしっかりと使い、施術前後に計る、全身の合計測定数値の合算が-8cmに満たなかったら、体験料は全額返金、というエルセーヌ自信のプログラムでもあります。

エルセーヌの「-8cm痩せる体験プログラム」は、個々人の身体に合わせた痩身体験が出来ますが、エルセーヌが力を入れているのには、ハンドによるマッサージ、というのが特に注目です。
エルセーヌのこのプログラムでは、身体全体のサイズダウン体験が出来る、逆に言えば、施術は身体全体に及びます。特にマッサージはその要で、余分な老廃物をどんどんリンパに押し流していく力の入ったマッサージは、リンパの滞り具合によっては「痛ーい!」と叫んでしまうかも知れませんが、老廃物の排出がスムースに行くのは痩身の要点ですので、そこは耐えるしかありません。

ハンドマッサージ以外にも、遠赤外線ドームで身体全体の代謝を上げていきます。遠赤外線ドームの中にはマイナスイオンを発する天然鉱石が敷かれており、気持ちの良いリラックスした気分の中、身体全体ぽかぽかで汗だくになります。これにより、リンパに乗った老廃物は汗としても排出されます。

「-8cm痩せる体験プログラム」は、90分の本格施術で、1回の施術だけで全身
トータル-8cm以上、それが達成できなければ、体験費用525円は返金されるという、とてもリーズナブルで、かつ痩身の結果にこだわって作られたしたプログラムなのです。